高級クラブってどんなところ?未経験者向けに基本システムを教えます

高級クラブのシステムについて

高級クラブのホステスとして働きたい方、高級クラブのシステムについてはご存知でしょうか?

キャバクラやラウンジとは一線を画する高級クラブのシステム。こちらでは高級クラブで6年間ホステスとして働いていた私が、高級クラブのシステムについてご紹介していきたいと思います。

また、そのシステムに付随して、高級クラブではどのようなお仕事をすることになるのか、そちらについても触れていきますね。

お客さんの入店について

まず、お客様の入店について。キャバクラなどはお店の情報を聞きつけて、または繁華街で客引きに声を掛けられて入店することになるかもしれません。

ですが、高級クラブではこちらからネットなどで大々的に宣伝することはありません。客引きなんて以ての外です。というのも、お客様は基本的に紹介制で、一見さんがふらっとお店に入ることはできないからです。

高級クラブのお客様は、お店に関係する誰かから紹介されないと入ることができません。

ママの昔からの馴染みのお客様や、お客様の紹介、もしくはお店のホステスの紹介というパターンもありますね。

それくらい、高級クラブに入るためには信用がないといけない、いわば上流階級の遊び場としての役割が強いんです。このようにお店に関わりがある方の紹介がなければ、ホイホイと入店することができない仕組みになっています。

また、ホステスは教養が高く、マナーも備わったどこに出しても恥ずかしくない女性ばかりです。

ですので、ビジネスマンが大事にしたいクライアントの接待をするために、高級クラブを選択するというのもよくある話です。

ホステスの仕事内容

では、実際高級クラブのホステスはどのような仕事をすることになるのでしょうか?

お酒を注ぎながらお客様とおしゃべりをする、この点はキャバクラやラウンジと共通している部分があるでしょう。

高級クラブのホステスの仕事は、接客についてのマナーや高いスキルを持ち合わせていないといけません。

お客様の趣味や嗜好に合わせて、ぴったり合ったおもてなしを行うことが重要です。

ですが、それ以前にまず高級クラブでの基本の仕事内容を覚える必要があります。その基本の仕事内容とは一体どのようなものなのか、こちらでご紹介していきますね。

接待・お酒を作る

基本的に、お客様の隣に座ってお酌をしながらおしゃべりをするという点ではキャバクラと共通しています。お客様の好みのお酒で水割りなどを作りつつ、会話で楽しませます。

お客様のお酒はテーブルで注ぐことができるワインやシャンパン、水割り系統はホステスがタイミングを見極めながら作ることになります。ですが熱燗やカクテル類などの場合はボーイなど、キッチンやカウンターにいるスタッフが作ることになりますね。

また、お客様のタバコに火を点けることや、テーブルを常に綺麗にするために手持ちのハンカチで拭くなども仕事のひとつです。

お客様とおしゃべりをしつつ、これら全てを1人でこなさなければいけないというわけではありません。

高級クラブではホステス数人で1人(1テーブル)のお客様の接客をすることになるので、数人のホステスで分担して行います。ここについては以降でもう少し掘り下げて説明していきますね。

同伴・アフター

同伴・アフターについても存在します。

キャバクラなどではノルマなしのお店が増えてきてはいますが、高級クラブの同伴については未だノルマが存在しているお店が多数派です。

同伴はお店の営業が始まる前に店外のどこかのお店で食事などを楽しんだ後に、一緒にお店に行きます。

このシステムはキャバクラなどと変わりませんが、高級クラブ特有と言えるのが店前同伴です。

店前同伴とは、特に食事などはせずに、ホステスの出勤時間にお店の前で待ち合わせして、同伴したように同伴出勤するシステムです。お客様も馴染みのホステスに同伴ノルマが課されていることは把握しています。ですので、ホステスの負担を減らしてあげる目的で店前同伴を申し出るお客様もいます。もちろん全員ではありませんけどね。

アフターはお店が終わった後にお客様と食事などに出かけることです。キャバクラなどでは、信用できるお客様以外は危険が伴うのでアフターを断っても良いことになっていますが、高級クラブでは比較的アフターに応じる確率が高いです。

お店の信用の置けるお客様しか来店しないことがその理由ですね。また、アフターの場合何人ものホステスを誘って、2人きりではなく集団で出かける場合が多いことも挙げられます。

接客スタイルについて

基本的に高級クラブでは永久指名制度が採用されています。キャバクラでは来店するたびに指名を変更することもできますが、高級ホステスでは「係」と呼ばれるホステスが必ず接客します。

なので、1度そのお店に来店したら、指名はよほどの理由がない限り変えることはできません。

ですが、必ずその1人のホステスの接客を受けなければいけないわけではありません。というのも、高級クラブでは係のホステスで売上ノルマが課されている売上ホステスと、そのホステスをサポートするヘルプホステス数人のチームで接客をするからです。ちなみにママがこの売上ホステスの役割を担う場合もあります。

ヘルプに関しては毎回違うホステスが担当する場合もあり、ヘルプのホステスも同伴や連絡先の交換をすることができます。

まとめ

高級クラブのシステムについてまとめていきますね。

  • 紹介制で一見さんお断り
  • 永久指名制度があり、ホステスを指名することはできない
  • 売上ホステスとヘルプホステスのチームで接客する

このように、キャバクラやラウンジと比べるとそのシステムには大きな違いがあります。

接待をする、同伴やアフターをするなどキャバクラと仕事内容で共通する点はありますが、最上級のもてなしをするために教養を備えることや臨機応変に接客スタイルを変える力も必要です。

最上級のお客様には最上級のおもてなしを。これが高級クラブの基本理念。ホステスの世界に足を踏み入れたい方は、ぜひそのことを忘れないでくださいね。