未経験でも働ける!ホステスの経験を活かしセラピストに転職する

ホステスがセラピストに転職するメリット

ホステスは見た目のレベルの高さを要求されることから、美意識の高い方が多いです。

転職を考えているホステスの中には、転職後も綺麗でありたい、美容に関わる仕事に就きたいと思っている方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが、セラピストという職業です!

セラピストとは、リラクゼーションやエステに関わる仕事で、主に疲れが溜まった女性や綺麗になりたい女性に対して所定の施術を行います。

では、ホステスがセラピストに転職することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

未経験からでも仕事がしやすい

まず、セラピストは未経験からでも仕事がしやすい職業です。

イメージ的にはマッサージ師やエステティシャンが近いですね。その中でも、体の凝りをほぐすのはその名の通りマッサージ師ですが、中でもアロマなどを用いたリラックス効果の高い施術を行う方をセラピスト(アロマセラピスト)と呼びます。

施術のやり方や仕事内容については、転職後に研修を行ってもらうことができるので未経験からでも働くことができます。セラピストの仕事については企業によって研修システムが異なっており、研修中は正社員の最低賃金で働くことになる場合もあります。

また、給与とは別に研修費を天引きされる場合もあるので、正社員として働くときは、額面の給与だけではなく研修にかかる費用などが無いかも確認しておきましょう。

ホステス時代の接客スキルがそのまま活かせる

セラピストの仕事は所定の施術をすることはもちろんですが、それ以上にお客様の立場になって物事を考えて、どのようにすればお客様を癒すことができるのかを考えなければいけません。

例えばアロマセラピストの場合、カウンセリングをすることでお客様がどのような理由で疲れを感じているのかを見極める必要があります。言ってしまえばカウンセラーのような役割になる場合もあるんですよね。

ホステス時代の品のある接客技術やコミュニケーション能力、お客様を見極める観察眼は、セラピストとしてお客様に癒しの時間を提供する上でも役立ちます。

このように、お客様をもてなして癒しを提供するという面で、セラピストはホステス時代の接客スキルを大いに活かせる仕事でもあるんです。

ホステスの仕事は楽しいけれど、将来的なことを考えて今のスキルを活かしつつ長く働ける職種に転職したいと思っている方は、ぜひセラピストの仕事を参考にしてみてください。

セラピストの業務内容とは

「セラピスト」とは、元来「セラピー(癒し・治療)」を行うことを指します。ですが慣用的には、心身に疲れを感じている方のために癒しを提供することが業務内容としての大きな区分と言えます。

その癒しを提供するための方法は様々ですので、セラピストを目指す上で、どのような施術を提供するのが向いているのか、興味があるのかを考えましょう。

特にホステスからセラピストへの転職において人気が高いのがマッサージ、エステなどのボディ系セラピストです。アロマオイルなどを使って、優しく体のマッサージ・エステを行うことで、お客様を癒します。

所定の施術方法は転職後に実際にお店や本社などで研修を受けることになるので、経験がなくても始めやすいところが大きな魅力ですね。

基本的にセラピストは固定給+歩合給です。固定給は決して高くはありませんので、歩合給が高ければ高いほど、たくさん稼ぐことができる仕事でもあります。歩合給は施術を行なっている時間に発生する給与で、時給制か、コースによって変動するかはそのお店によって異なります。

未経験からでも応募しやすいお店

セラピストの仕事は未経験からでも始めやすいです。セラピストとして必要な技術や知識については、学校などで専門的に学べるところがまだまだ少なく、セラピストを雇用している会社の方で研修制度を整えているところが多いのもその要因ですね。

例えば「セラピア」の場合、未経験から整体マッサージができるセラピストを募集しています。

経験がなくても、やる気があれば年齢・職歴不問でセラピストを募集されており、研修制度も充実しています。セラピアで働かれているほとんどのセラピストたちが未経験からのスタートなんだそうですよ。

ゼロからセラピストになりたい方でも採用してもらうことができる上、歩合給で稼ぐことも可能ですので、これから転職してセラピストになりたいと思っている方必見です!

セラピストのやりがいとは

セラピストのやりがいとは、人を癒して元気にすることにあります。

自分が誰かを元気にできる、癒すことができることはとても充実感があり、そうした理由からセラピストを志す方が多いです。

特に現在ホステスとして働いている方。あなたの接客がお客様に喜ばれて、「君といると元気が出るよ」「また君に会いたくて来ちゃったよ」と言ってくれたらとても嬉しいですよね。

それもあなたがそのお客様に対して癒しを与えられたということです。

ホステスの仕事でお客様に喜んでもらえることが嬉しいと感じている方なら、セラピストの仕事でもやりがいを感じられるでしょう。そうした面でも、ホステスからセラピストへの転職はとてもおすすめだと言えます。

まとめ

ホステスとセラピストの仕事は、実は共通している部分もあり転職先としてとても人気です。

  • ホステスの接客スキルやおもてなしの技術をそのまま活かせる
  • 研修制度が充実しているので未経験からでも始められる
  • お客様に喜んでもらえることにやりがいを感じる方におすすめ!

このように、ホステス時代の経験をそのまま活かすことができる上、専門的な技術については転職後に学ぶことができるので、夜職経験しかない方でも転職が容易です。

ホステスの仕事は好きだけれど、将来を考えて昼職に転職したいという方は、ホステス経験を活かせるセラピストの仕事について参考にしてみてくださいね。