【銀座・六本木別】高級クラブの客層について

高級クラブの客層について

高級クラブは場所によって特色が異なります。街にもそれぞれのカラーがあるように、その街に集まるお店にもお店の個性がありあす。

そして特に高級クラブが多い場所は、東京の中の地域で言うと銀座と六本木です。

どちらも魅力的な高級クラブが集まり、たくさんのお客様が連日のように集まってくる地域と言えると思います。

では、この銀座と六本木ですが、それぞれの街の高級クラブにはどのような特徴があるのでしょうか?もちろん、細かく見ていけば、お店のデザインや、ホステスさんの衣装などなど、特徴の違いはいくつか出てくるかと思います。

ただ、その違いが大きく現れるのはお客様の客層にあります。エリアによって集まる企業の業界、業種が異なっているためです。

例えば、港区には大使館が多いや、海岸エリアに貿易系の会社が多いなどです。

それぞれの街の特徴から、その地域にあるお店に来店される客層の特徴は異なってくるのです。

また、飲みにくるお客様の特徴が違えば、システムや接客方法にも違いが見られますよね。

ここでは、街ごとの高級クラブの客層と、お店やホステスの雰囲気について解説していきたいと思います。

銀座

まずは銀座です。銀座と言うと日本のビジネスの中心地であることから、高級クラブの中でも何十年と経営されている老舗のクラブが多いです。つまり、長い間、多くのお客様に愛され続けているお店が集まるエリアということです。

そして客層の特徴としては、昔から贔屓にされている政治家や、医者のお客様が足しげく通っています。

銀座という立地上、官公庁が集う霞が関や、政治の中心でもある永田町にも近い地域です。

また、他の街に比べても客層はビジネスマンに偏っていて、さらに年齢層も高めです。大手企業の社長さんなど、お堅い職業に就いている方が数多く通われているお店もありますね。

財閥関連の企業から、東証一部上場の企業は銀座から近いエリアあることも特徴で、このような企業の方々が来店する機会も多くあるお店が集まるのが銀座です。

ですが、接待でクラブを利用されることもあるので、必ずしも年配のお客様だけを接客するわけではなく、接待で若いお客様が来店する場合もあります。

幅広く接客ができるような、ワンランク上の接客スキルを持つホステスの方が多く働いているエリアとも言えるでしょう。

六本木

一方で、六本木の場合は銀座に比べると若いお客様が多いです。

例えば最近出来たIT企業の社長さんや芸能関係者、スポーツ選手など若くして成功を納めた方など。勢いがある若いお客様が多く来店されるのが、六本木の高級クラブの特徴と言えるでしょう。

そうしたお客様の場合、高い教養よりも見た目の美しさの方が求められやすいです。

接客スキルの高さというよりは、ルックスの良さが優先的に求められる地域であるとも言えるでしょう。そのため日々、スタイルアップに努めているホステスの方が多く働いているということも特徴ですね。

特に芸能関係者の方になると、日常的に綺麗なアイドルや女優さんを目にしているので、それにも負けないレベルの容姿のホステスが好まれます。

そのため中にはアイドル志望、モデル志望の女性が生活費を稼ぐために六本木の高級クラブでホステスをしている、なんてこともありますね。

芸能界へのチャンスとして捉えるホステスが多く働いているのも特徴の一つですね。

それぞれの特徴を事前にチェック

地域によって来店するお客様の客層が異なることがおわかり頂けたかと思います。

東京の中でもこのように特徴が異なるのも、とても不思議ですよね。ですが、これもその地域の特徴が反映さている証拠でもあります。

自分がどちらの地域で働きやすいのかを確認してから、働くお店を決めるのも良いと思いますよ。