働くなら必須!ホステスに必要な教養とその学び方

ナイトワークに興味がある皆さん、「ホステスには教養が必要だ!」という噂や記事を目にしたことはないでしょうか?教養とは、学問や世の中に関する知識のこと。世の中のルールや政治、医学などの知識なども教養に含まれます。

では、なぜホステスには教養が必要なのでしょうか?

この記事では、ホステスに教養が必要だと言われている理由はもちろん、教養とはどのように学ぶべきなのかについて解説していきたいと思います。

ホステスにはどうして教養が必要なのか

ホステスに教養が必要だと言われる理由。その答えは、高級クラブに来られるお客様にあります。

高級クラブのお会計は高額です。さらに、会員制でそのクラブのお客様やママに認められた方しか来店することができません。

そうしたお客様はいわゆる上流階級の方々。例えばお医者様や大学教授の方など、頭が良く、そのことを高収入のお仕事に活かすことができている方でもあります。

高級クラブに来店されるお客様との会話を楽しむためには、知的な会話ができることが必要です。

そのためには会話力はもちろんですが、何よりもお客様のお話をすぐに理解できるよう、基礎的な教養を磨くことが必須なんです。

六本木か銀座かで必要な教養の量が違う

高級クラブも場所によってその質は異なります。

六本木よりも高級老舗クラブがたくさんある銀座では、政治家や大学教授、お医者様など知識人が数多く来店されるので、人並み以上の教養を求められます。六本木では芸能関係者やIT企業の社長さん、スポーツ選手など、比較的若くして成功を納められた方が来店されることが多いです。

どちらのエリアで働く方が教養が必要かというと、圧倒的に銀座ですね。そこには人並み以上に知識豊富で、また会話を盛り上げる力がある方が数多くホステスとして働いています。

一方で、六本木の場合は若くて芸能人レベルに見た目が綺麗な方が働いているなど、教養はさほど高いレベルは求められませんが、若いお客様に喜ばれる綺麗な女の子が多いです。

共通して言えることは、どちらも誰でも働くことができる場所ではないということですね。

具体的な学習方法

六本木は教養がなくても良いのかというと、そういうわけではありません。「ホステス」という職業に就く時点で、人並み以上の教養を身につけるべきです。

学校の勉強がたった1日で身につくわけではないのと同じように、教養も1日やそこらで身につくものではありません。では、具体的にはどのように勉強していけば良いのでしょうか?

ここでは、具体的な勉強方法についてご紹介していきますね。

①ニュースはこまめにチェックする

まず、ニュースについてはこまめにチェックしていきましょう。

教養は学校の勉強だけで賄いきれるものではありません。世の中の仕組みや最近話題になっている書籍やニュース、医療や科学分野の進歩など、様々なことが含まれます。

その中で、話題に上がりやすいものといえば最新のニュースの話題です。例えば誰が何かの賞を取った、医学分野で誰がこんなものを発見したなど、ニュースは細かくチェックしておきましょう。

最初はネットニュースを確認するだけでも構いませんが、広く様々な分野のニュースを確認する上で、新聞やテレビのニュース番組を観ることが最も効果的です。

そして、ニュースを見ていてわからないことがあればしっかりと調べて、ニュースを理解する。これが教養を身につける上での一番の近道だと言えます。

②ビジネス書などを読む

新人ホステスの場合は①のニュースのチェックだけでいっぱいいっぱいになるでしょう。ですが、ある程度ホステスの仕事に慣れてきたらビジネス書を読むのもおすすめです。

ビジネス書でなくても構いませんが、本屋さんで普段は立ち入らないような、専門書コーナーに平積みされている話題の書籍は要チェックです。例えベストセラーだったとしても、若い女性の方はビジネス書などの専門書は読まないのではないでしょうか?ですが、それらの本は読んでおいて損はありません。

例えば、自分が働いているクラブに企業の社長さんがよく来店するなら話題のビジネス書を。また、お医者さんや政治家の方がたくさん来るようであれば、話題の医学書やその政治家の方が出版された本もおすすめです。

このように、お客様に合わせてその道の専門書を読んである程度詳しくなることも、教養を身につける上でとても効果的だと言えます。